安定的かつ継続的に収入が得られます

マンション

新築アパート投資のメリットとして挙げられるのが、何と言っても安定的にかつ継続的に収入が得られるという点です。そこでは新築アパートをローンで購入して、それを賃貸に出すことで家賃収入を得ます。得られた家賃収入からローン返済分を差し引いた残額が手元に残る資金となります。このように新築アパート投資では家賃収入が要となるわけですが、家賃は通常、物価の変動が受けにくく安定しています。株やFXなどの他の投資方法では常に価格が変動しているためその分、リスクも高くなりますが、新築アパート投資においては物価の変動を受けにくいため、安定的に収入を得ることが出来るところが大きな魅力と言えます。しかも、一度、入居すれば退去するまで長期的に家賃収入を得ることができます。他の方法では価格変動が激しいため長期的に利益を稼ぐのは至難の業ですが、新築アパート投資なら継続的に収入を得ることが出来るという点でメリットとなります。

空室リスクに対する対処療法

マンションの模型

とはいえ、新築アパート投資は万能かというとそうではありません。そこは投資ですのでリスクも存在します。そのリスクとしてまず挙げられるのが空室リスクです。新築アパート投資では購入したアパートに入居してくれなければ全く意味がありません。入居者が入居してくれなければ家賃収入を得ることが出来ません。こうしたリスクが空室リスクとなります。空室リスクを防ぐためにはできるだけ入居しやすい新築アパート物件を購入することです。駅から近い場所にあるか、物件の周辺には商業施設などが充実しているかがポイントで、こうした優良物件なら入居者が集まりやすく、空室リスクを防ぐことが出来ます。また家賃滞納リスクといったリスクもあります。これは入居者が家賃を滞納するといったケースで、このケースにおいては入居者の募集が出来ないことから、空室リスクよりもさらに厄介なリスクと言えます。このリスクに対しては優秀な管理会社を見つけて、その管理会社に家賃滞納について対応してもらうことです。新築アパートの管理を請け負う管理会社はこれまで数多くの管理経験があるため、どんなトラブルでも適切に対処してくれます。また管理会社ではトラブルの処理のほか、入居者の募集や退去手続き、施設維持などアパート管理に関するあらゆる業務をオーナーであるアパート購入者に代ってしてくれますので、とても便利な存在と言えます。優秀な管理会社を見つけて、それを活用するようにしましょう。

広告募集中