HOME>イチオシ情報>仕組みをよく理解して自己資金を準備しよう
マンション

自己資金の準備をしよう

新築アパートの投資をはじめるのであれば、しっかりと準備することが大切です。まずは自己資金を確保することからはじめしょう。新築アパート経営に必要な自己資金はどれくらいかというと、物件の積算評価や収益性などによって担保価値がそれぞれ異なるので、担保価値を確認することが大切です。担保価値が融資金額より高ければ、自己資金なしのフルローンや諸費用まで含めたローンができるオーバーローンを受けることができるからです。ただし、一般的な担保価値であれば、登記費用や火災保険、不動産所得税などを自己資金で支払わなければならないので、物件価格の3割程度の自己資金を用意しておきましょう。自己資金が多ければ、毎月の返済額を減らす効果があるので、ある程度自己資金を貯めてから新築アパート投資を行うことがポイントになります。

どのような仕組みがあるの

新築アパートの投資の仕組みは、物件を購入してそれを第三者に賃貸することによって家賃収入を得られることをいいます。賃貸に出せば毎月安定した家賃収入を得られることができるので、他の投資に比べてインカムゲインの金額がわかりやすいという特徴があります。新築アパートの投資を行っている多くの方は、物件の購入を自己資金だけでまかなうことができないので、銀行のローンを利用します。したがってローンの返済が終わるまでは、家賃収入がローン返済に充てられることが多いです。ローンの返済が終わったら家賃収入をそのまま受け取れることができるので、老後の資金として新築アパート投資を活用することが多いです。また新築アパートなどの不動産投資は節税効果があるので、節税目的で行っている人も多いといえます。

広告募集中